フライパン

フライパン

フライパンに関する情報ページです。

セラミックフライパン

セラミックコーティングのフライパンは、フッ素樹脂に比べてコーティングが頑丈で長持ちする、という長所があります。
まあ、セラミックって平たく言えば「陶磁器」なので、固いのは当たり前なんですけどね。

なので今結構人気があり、いいセラミックフライパンを探してる方も多いようです。

ただ、セラミックコーティングはちょっとだけ扱いにくいところがあります。
フッ素樹脂は予熱も何もせず、いきなり食材を入れてもくっついたりしませんが、セラミックのほうは少々余熱をして、油をなじませてからうんと弱火にして、そこから初めて食材を入れたほうがいいです。

お肉や魚など素材に油分があるものはまだいいのですが、ホットケーキや卵料理、餃子などはここをうまくやらないと買ったばかりでもくっついたりします。

私は昔それを知らなくて買ったばかりで大失敗して、「セラミックのフライパンってダメじゃん!コーティングの意味ないじゃん!使えねえー!」と激怒したことがあります。。。
でもその後も色々使ってみるうちに、同じセラミックフライパンでも商品や値段によってかなり違いがあることがわかりました。

その激怒した奴は近所のスーパーで買った安物。
最近仕事で使わせてもらったドイツ製のお高いやつは、油をひかなくてもいきなり食材を入れてもくっつきませんでした。
ただ、やっぱり説明書には油をひいて使用してくださいと必ず書いてありますし、デリケートな食材は予熱をして弱火で・・・という使い方は同じようです。

いくつか使ってみての感想としては、セラミックフライパンは、フッ素樹脂よりは長持ちするけれども使い方にコツがあり、さらに長持ちさせたければキチンと正しい使い方をする必要があるんだな、という事です。
まあ私もそうですが、面倒なことが嫌いな方は使い勝手としては断然フッ素樹脂のほうが使いやすいと思います。

そしてセラミックもそういう特徴はあるものの日々進化してますので、コーティングが少しでも長持ちするほうがいい!という方は最近の良さそうな商品をいろいろ試してみるのもいいと思います。

 

セラフィット フュージョン

フライパン 人気

最近は魔法のフライパンなど、鉄のフライパンが結構人気があるようですね。
でも鉄のフライパンって、手入れとか大変なのに皆さんちゃんと理解して購入してるんですかね?

まあ最近はあんまり手入れしなくても使えるようなのも沢山出てますけど、そういったそれぞれの素材の特徴などをちゃんと把握して使わないと、「このフライパン、高かったのに使いこなせない・・・」なんてことになりかねません。

あとは先ほど書いた通り、セラミックフライパンも人気がありますね。
ただ、最近は品質がいいものは「重い」ものが多いので、お値段も重さも軽めがいいな、というかたには知名度バツグンの人気ブランド、「ティファール」のフライパンをお勧めします。

気をつけていただきたいのは、ティファールというのはブランド名であって、その中でいろんなシリーズが沢山出ています。
大きく分けて、「IH対応」とそうじゃないものがあり、IH対応の商品はメチャクチャ重いです。
軽いティファールというのはガス火専用のものだけなので、探すときはそこをよくチェックしてくださいね。

楽天の人気フライパンランキングなどを見てみると、セラミック・ダイヤモンドコート・鉄のフライパン・そしてティファールですね。
なんだかんだでフッ素樹脂は手入れも楽だし便利でいいと思うんですが、まあ調理器具も流行りがありますからね。

今はフッ素樹脂でも10年保証のスキャンパンやスイスダイヤモンドなど性能のいい人気商品もいろいろ出てきましたので、正しく使えば昔みたいにそう簡単にははがれませんよ。

予算や重さ、使い心地、料理の仕上がりなど人それぞれこだわりが違うと思いますので、まずは自分がいいと思った商品を比較・検討してみてはいかがでしょうか。

フライパン トップへ戻る